ニードル脱毛タイプ

ニードル脱毛の概要と種類

ニードル脱毛とは、毛穴に特殊な電気針を使用し微弱な電気や高周波な電気を流す脱毛方法です。毛穴の中にある毛根や毛乳頭を破壊するので、完全に毛が生えてこなくなります。そのため永久脱毛の方法として活用されているのです。またニードル脱毛は古くから親しまれている手法で、開発されてから140年ほど経っています。ニードル脱毛の種類には、微弱な電気を流す『電気分解法』、高周波の電気を流す『フラッシュ法』、電気分解法とフラッシュ法の特徴を併せ持つ『ブレンド法』、皮膚に触れる部分が絶縁され毛根のみにアプローチできる『絶縁針脱毛』の4つがあります。脱毛サロンで取り入れられているのは、電気分解法とフラッシュ法とブレンド法で、絶縁針脱毛は医療行為として扱われるので医師や看護婦により行われます。

ニードル脱毛のメリットとデメリット

ニードル脱毛のメリットは、なんといっても毛根や毛乳頭を破壊することで得られる『永久脱毛』の効果でしょう。一つ一つの毛穴にアプローチするので、全体の毛量バランスを見ながら調整しやすいというのも特徴です。また仕上がりがとてもきれいで、顔脱毛の際にも化粧乗りがよくなるなどの効果が得られます。そのほかに、肌質や肌色を問わず施術できたり、副次的効果としてワキガの軽減につながったりするなどのメリットがあります。ニードル脱毛のデメリットは、毛穴に直接針を刺すので強い痛みがともなうことです。光脱毛やレーザー脱毛と比にならないほど痛いと言われています。また一つ一つの毛穴にアプローチするため、施術時間が長くなる傾向にあり、痛みも伴うので人によっては厳しく感じることもあるでしょう。また費用が高く、毛の本数や施術時間で費用がかさむこともあります。